お年玉プレゼント体験者様の声

お年玉プレゼントの「癒しま書」体験のご感想をいただきましたので、ご紹介させていただきます。

今回のプレゼントの内容は、筆文字でご自分のお名前を書いて内観していただくというものでした。「癒しま書」では、ご自分と向き合うためにお名前を書いていただくことから始めます。お名前はご自身を表すもの、そして、筆文字は感情を開放しやすく、また、エネルギーを伝えやすい。そこで、文字の書き方を意識的に変えることで、心や感情、生きる姿勢にも影響を与えてくれます。

いつもの講座では直接お会いし、直接、手を取りポイントをお伝えしています。今回はメールやLINEでのやり取りで行いましたが、体験された方は想像以上の効果が出て、私も正直驚いています。

体験者の方から許可を得て、一部感想などをお書きしますね。

Aさんの場合

所見⇒最初書かれた文字は、小さく何かにおびえているように受け止めました。その後、書き方のアドバイスをさせていただいたら、最後には大きくしなやかに、そして自身のみなぎる文字へと変化いたしました。

感想⇒ワークが終わったあと、眠気が来たのでシャバアーサナをしました。すると、前向きな言葉が浮かんできたので、そのようにしてみようと思いました。

Bさんの場合

所見⇒最初に書かれた文字はとてもガチガチで、苦しさを受け取りました。その後、書き方のアドバイスをしたら、最後は柔らかくほぐれた字に変化しました。

感想⇒最初は、お手本通りに書くのが難しく、こだわって書いていました。ふと、自分自身と重なっているなと思い涙があふれてきました。すると「まあるく、まあるく」という言葉が浮かんで、何をこだたっていたんだろう?と思いになりました。書き進めていくと気持ちがスッキリして終わることができました。

ほんの一部のご意見ですが、体験された方がご自分の本当の気持ちに気づかれ、前に進まれる姿を見て、心から嬉しく思います。

関連記事

PAGE TOP